October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

うとうと

起きてみれば下に敷いていた

夏にお気に入りの少し目の荒い布が

ジジィの肌に跡を付けた。

もうそう言うの、なかなか取れない年代に

なってきている訳だけど

美しくは当然ないけれど

それだけ酷使してきたものは愛しいと思って

そっと触ってみた。

comments

   
pagetop