September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

まだ先取りでなく

今月までは普通に花がつく

ポーチュラカ。それにしても元気。

(奥はキバナコスモスだから違うよ)

自分も色々あって今は'安静'とまでは

言わないけれど、低空飛行の生活が

似合うはずなのに

制限はあれこれあるものの

イヤに元気で

健康な同年代には負けねぇぞ

などと、気炎万丈な飼い主(育て主)

に植物も似てしまったんだろうか。

ほんと季節なんて無理をしてでも

先取りが”粋”なのに。

年代的にも、その方が似合うのも

確かな事実なのに。

まだ”今”で遊んでいたい。

まあ、もう少しだけ

このまま進んでみるか。

あぁ、気持ちいい

今回は、色えんぴつをサラサラと

線で重ねていく描き方をしているので

きっと何百?何千?の線を描いて

いるのだと思うけれど

音楽を聴きながら、ただ絵に向かって

線を重ねていると

頭の中は真っ白になって

とにかく気持ちいい。

これがバカになれる瞬間なんだろな。

嬉しい。

冷静にならない時

真剣に下手な絵の作品を描いている時

この時は冷静にならない。

一生懸命に良い色を探したり

気に入る線を探したり

せっかく時間を使っているのだから

大人っぽい考え方はしなくて良い

と思っている。それだったら

年甲斐もなく情熱を注いで

中学生のように空回りした方がいい。

身体のことで

どんどん駄目な事が増えてきて。

寂しい限りだけど

せめて好きな音楽を聴いて

好きな絵に没頭する時間だけは

“バカもの”になっていたい。

秋の立場

良く見ないと分からないのだけれど

昨日の私には初トンボでしたよ。

秋です。

・・・いや、まだ秋じゃありません。

35度なんて温度が出れば違いますね

でも、トンボも待てなかった

のでしょうか。

止まっているのは”みょうが”の葉。

それは、もう枯れ色に・・・

と言うよりは

熱すぎて、ただ単に枯れているだけ。

もう毎年になっているけれど

秋の立場がありません。

最近は、とても短くなっている”秋”

待ち遠しいです。

2021年5月

5月過ぎ頃に咲かせる種を買ってきましたよ。

まだ暑いから蒔くのは来月になるかな。

半年後に向けて寒い冬を越させなきゃ

いけないので、大事大事に育てる

“夢のたまご”です。

と言っても、歳を取ると半年なんて

あっと言う間に過ぎます。

楽しみは先に取っておく、とも言いますが

だんだん、あまり先に持ち越すと

その時、本当に楽しめるのか、とか

思ってしまいますよ。

なので「今、楽しめることは楽しむ」が

最近の信条です。

どうでも良いことが気になる人

苔が生えている石と、そうでないのがあるの

なんでしょうね。

昔のお城の石垣だから、そこそこ同じような

石を同じように積み上げて

同じように長い月日を経てきている

はずなのに。

まるで人間みたいだね。

知識を重ねて生業にしている人もいる。

健康な身体を親から授かって

身体を資本に生きている人もいる。

人の間をうまく泳ぎ切るひともいる。

同じでしょ。

さて、苔問題の正解は・・・。

ほんと、考えようによっては

どうでも良いことが気になるんです。

<<back|<123456>|next>>
pagetop