October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

はっぱのみず

梅雨の季節には葉っぱの上で

コロコロしている水玉を指でつついて遊ぶ

機会が増えます。

このナスタチウムの葉は食べても良いのですが

それより水玉で遊んでいる方が好きかな。

空気感でも美味しくなる

味覚は純粋に味だけで無いようで

微炭酸が入っていた

好きなデザインのボトルに普通の水を入れただけで

何か言いようのない美味しさを感じます。

おやおや、

これはアルプスの雪解け水なのでしょうか。

・・・こうした遊びが結構好きです。

生きるための興味が増えることは面白い

私は「生きるための興味」と言う箱を持っています。

ネットサーバの中にですが。

興味を持って集めた新聞記事とか

生きる希望を思い出させてくれる歌詞とか

なかには”水木しげるさん”の「幸福の七ヶ条」も。

webで見つけた

「ベルギーの衣装」なんて画像も増えています。

還暦が2年先に見えてきて

最近、ジャンルがどんどん追加されています。

さて、2年後にどんな事になっているか楽しみ。

子供っぽい言い訳

雨不足の地域なので、梅雨の雨は嬉しいのですが

個人的には、やはり少しウットオシイわけで。

今日は憂さ晴らしで花苗を買いに出かけました。

本当は何年も越した同じ子達を持っているのに

これは少しだけ色のトーンが違うとか

立ち姿が違うとか、言い訳を付けて

最後には「エキナセア」と言う

名前の響きには抵抗できないな。とか。

・・・結局、買ってしまうわけで。馬鹿ですね。

ツユクサが咲きだしました

とても美しい"青"だと思っています。

万葉集にも多く詠まれ

日本人に親しまれてきた花です。

他の青の花と比べて透明感のある

"青"だと感じます。

筆に水を多く含ませた水彩絵具を

一筆、紙に置いた時にできた濃淡を

そのまま切り取ったようです。

この素朴だけれど密やかな力は素敵だと感じます。

一瞬の隙間を縫って

鬱々とした天候が続くなか

雨の隙間を狙って一瞬、太陽が覗いて

さっそく庭の見回り。

なんとも葉に留まった水滴が綺麗で。

少しばかり気分も”すきっ”としました。

炭酸を強くした

ドライなモヒートを飲んだ感じでしょうか。             

酒飲みのたとえ話は分かりにくいかな。

<<back|<138139140141142143144145146147>|next>>
pagetop