May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ミュシャ


 

新聞を購読していて、

申し込んだら定期的にミュシャの複製印刷物が

届いています。

去年、ミーハー的な感じで展示会がありましたが

騒がしそうだったので行くのはやめました。

なんとなくミュシャは原画でなくても良いかな。

と。

肩が凝らない感じで見られるものも

たまには良いです。

見えないと思ったら見えない


 

見ようと思えば見えるのだと思います。

本当に見えないのか

見えないと思うから見えないのか。

歳を重ねてきた今は、

踏み込んで確かめる事が出来ます。

若い頃には予想もしなかった事です。

不思議。

自然から受け取るもの


 

冬の日に

里山をトレーニングウォークした時のことです。

たまたま、いつもとは反対の方向に道を取ると

まったく違う風景が見えました。

普段、この時間帯は太陽を背にしていたので

こんなに光を真っ直ぐ受け取れるものとは

気が付きませんでした。

知った道でも、

まだまだ嬉しいことが多くあるのです。

こころフィルタ


 

自分もそろそろ"知らない事"を恥と考えない時期が

やってきたと思います。

知らなくても実際はこと足りてしまう事柄を

"取り残されないように"と考えて

必死で過ごしてきた時代。

もういいでしょう。

場面によってはカーテン越しに

見つめれば良いと考えるようになりました。

たまる


 

とても強い風の日のこと。

それでも"風がたまる"場所があります。

そこでは”影”も静かになります。

何かが潜んでいる感じもします。

ならべる


 

スマートフォンとフィーチャーフォンの

2台持ちなんですが

重ねて置いてあった2台の上に

庭のリーフを1枚置いてみました。

とても大好きな色の組み合わせが出来ました。
<<back|<138139140141142143144145146147>|next>>
pagetop