November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ナチュラルでなく適当

巨峰が大きくなってきています。

アウトロー的な育て方ですが放置放題。

ナチュラルと言えばナチュラル。適当と言えば適当。

でも確実に旨く甘く育つので収穫が楽しみ。

厳しく育てると言えば聞こえは良いのですが

やはり適当なんでしょうね。

梅雨の日は

亡き母が読んでいた本を実家の書棚で見つけました。

瀬戸内寂聴さんの私の源氏物語。

どんな想いで読んでいたのか。何を思ったのか。

想像しながら本を開きたいと思います。

今日のお気に入り

色の組み合わせを見つけるのが楽しい。

昔からそうだったらしく、古いスケッチブックにも

その時代その時代で色々な組み合わせが。

モノトーンの時代があったり

同系色の時代があったり。

今日はこんな感じか。

ただ美しい

美しいことに理由は無くて良いと思う。

あぁ綺麗だ、と思った感覚を大事にしたいと思う。

この透明感。とても好きです。

人、それぞれにある”美”の感覚。

私は誇りたいと思います。

雑草と言う花は無い

気まぐれに

雑草と言われている花を育ててみる事がある。

派手ではないけれど可憐な子に巡り会えたりします。

しかも強靭。

しなやかにさえ見える、その姿は美しい。

これも”育てる”楽しさのひとつ。

硬いものと柔らかいもの

どうも心が硬くなる時があって

イカンなぁと思ったり。

生きていれば色々あるのは然りだと思うけれど

もっと柔らかい心を持って歳を取りたいと。

同じ生きていく時間なら

贅沢だけれども綺麗な風景を見続けたい。

・・・と言うのが理想。
<<back|<146147148149150151152153154155>|next>>
pagetop