September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

やなぎぞめ

日本の色名には風情があって

これは柳の葉をイメージしている訳で。

言われてみると

最近は柳も見ていないなぁ。とか。

普段の生活に必ずしも必要でないものに

気を止める事が少なくなったとか、

色々と思ってしまう今はお年頃。

モノには程があるってもんだ

冬に詰め込みすぎた寄せ植えが春を迎えると

こんな結果に。とてもギュ〜ギュ〜すぎ。

“隙間恐怖症”ぎみの自分。

時間でさえ余りすぎると居心地が悪い。

でも

何にしても余裕を持たないと駄目だよね。

ジジの自分。程を知れ!!

いつもいつもとはいかないねぇ

気持ちを落ち着けて生活すること。

いつもいつもとはいないもんだ。

それは当たり前と言えば当たり前。

でも、それで良い訳じゃないのに、、、

描いてみた

また新しい”塗り塗り遊び”が完成したので

写真を撮ってみた。

今回も心だけは込めたので題名を付けました。

題名は「Avant l'aube de Nigella」

……….(夜明け前のニゲラ)

写真では見えにくい雰囲気もあるなぁ。

………………………..入れ替え前はこちら

悪魔の舌

どこかの外国では、コンニャクを

“悪魔の舌”とも呼ぶそうです。

花がそう見えるらしい。

それではミョウガの葉に包まれて冬を越す

この球根は悪魔の卵か?

今日は満月なので次の満月を見たら

復活の始まりです。

・・・ただの植え付けですが。

どの段階かなぁ、自分は

観賞用なので、ほとんどが熟して種になって

地面に落ちたトウガラシ。

最後まで辛うじて枝に残った実を集めました。

熟しているものの、少し”しわしわ”な

でも、まだまだ水分が残っている実。

もう、カラカラに乾いて地面に落ちそこねた実。

そして、その途中の段階の実が3つ。

さて、私はどれでしょうか。

<<back|<149150151152153154155156157158>|next>>
pagetop