December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

雑草と言う花は無い

気まぐれに

雑草と言われている花を育ててみる事がある。

派手ではないけれど可憐な子に巡り会えたりします。

しかも強靭。

しなやかにさえ見える、その姿は美しい。

これも”育てる”楽しさのひとつ。

硬いものと柔らかいもの

どうも心が硬くなる時があって

イカンなぁと思ったり。

生きていれば色々あるのは然りだと思うけれど

もっと柔らかい心を持って歳を取りたいと。

同じ生きていく時間なら

贅沢だけれども綺麗な風景を見続けたい。

・・・と言うのが理想。

題名に惹かれる

「植物はなぜ動かないのか」

どうしたら

こうした人を惹きつけるワードが湧くのか。

いつも羨ましく感じますね。

テクニックがあるんだと言われますが

それだけじゃ無いと思うんです。

文字と装丁の妙でしょうね。

本屋の棚でひと目見て手が動いていました。

この感覚だけは電子本では味わえないなぁ。

パチンと星になる

原種に近いスミレの花が種を作って

パチンと弾けました。

弾けてしまうと殻は星形になります。

これが楽しくて

つい弾けるまで待ってしまいます。

残念ながら種はどこかに行ってしまうのですが。

楽しみなんて、それぞれなのでそんなもの。

かな。

梅雨の前の

そろそろ関東地方も梅雨の匂いがしてきました。

その前の晴れ間は心地よい感じがします。

雨が増えてきて、でも晴れ間は明るくて

これで湿度が低ければ

私の身体もベストなのですが。

すっぱいレッドカラントの実でも食べて

さっぱりしましょうか。

安上がりです。

今日は久しぶりの強い雨。

庭仕事も出来ずリースでも作ろうかと思って

100均で買っておいたリースの台を用意。

どうしようかと、じっと見ていたら

何重にも絡まる蔓が面白くて。

安いものだから、きっと何処かの国で作られた

んだろうけれど、どんな人が編んだのか

その人のお昼ごはんは何を食べたのだろうか

・・・とか。エトセトラ。

想像しているだけで満足してしまった。

安上がりです。

<<back|<150151152153154155156157158159>|next>>
pagetop