May 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

美味しいと思えること

テレビでイタリアの長寿おじいちゃんを取材。

けっこう素朴な村みたいでしたが

その100歳すぎのおじいちゃん。

1世紀近く飲み続けているらしい

自分の家のヤギ乳を「ボーノ」と言っていました。

そんなに長く楽しめる感覚を羨ましいと思いました。

私の”それ”は

何十年あとに何になっているのでしょう。

朝の空気感

なんて気持ちの良い空気感なんでしょう。

と、きのうの朝に思いました。

そうそうある感覚では無かったので1枚。

いつまでもこんな事が出来るように

あまり

ジジになりすぎ無いようにしておきましょう。

本当かどうか分からないけれど

アニメを見ていたら、

この紐を”不精紐”と表現していました。

本当なのかもしれないし

作家さんのエスプリなのかもしれませんが

どちらでも良いです。

“言いえて妙”だと思いました。

考えてみると

私は色々な”不精紐”をいっぱい持っているようです。

生きるのにとりあえず便利ですから。

いつ見つけたのか分からないもの

感情は脳の記憶部位が減ってきても

最後まで残るらしい。

何かを思い出して鼻の奥がツンとしたり、とか

その感情の理由がはっきりしなくても

少しだけ涙をこぼすことで

心が安らいだりする感覚。

いつ、どんな事で、そんな記憶が残されたのか。

大事にしまっておきたいもの。

できれば・・・と思うこと

医学が進歩して分かったことを知りました。

筋肉と幸福感はいくら歳をとっても成長するらしい。

おじいちゃんになっても。

昨日は

暖かい布団でヌクヌク気持ちいいと思えたこと。

今日は

やっと冬を飾る花の買出しが出来たこと。

明日はなんでしょう。楽しみです。

毎日いろいろありますが、それはそれで

端っこに置いておきましょう。

君は何処から来たんだい?

近くに楓類は無いはずなのに

今朝、

庭に紅葉した葉が届いていたのを見つけました。

きっと昨日、吹き荒れた風が運んできたのでしょう。

偶然で美しい小さな風景は今日の宝物となりました。

小さな庭でも発見はちゃんとあります。

<<back|<151152153154155156157158159160>|next>>
pagetop