June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

悪くない


 

目を使う仕事だったせいか
40代前半から老眼鏡を使っています。

もともと視力は良かったので抵抗感がありました。

ただ、今は歳をとった勲章だと思って
「悪くないなぁ」と感じます。

先日も"グラスチェーン"って言うんですか。
首から眼鏡を下げる奴。

日本の伝統色で「天色」がベースになった平織りのものを購入。

気に入って外出時はいつも下げています。

探し続ける


 

里山歩きが好きですがコンパスは不要です。

しかし、人生を生きるためにはコンパスがあると便利です。

誰かそれを持っているのでしょうか。

それぞれの人が、
それぞれの方法で手に入れているのかもしれません。

もしかすると誰もが探し続けているのでしょうか。

夕焼けこやけで日が暮れて


 

夕日を直接見るのではなくて、カーテン越しに見ると

映画のスクリーンを見ているような気分になります。

これからエンドロールでしょうか。

想像力だけはいつまでも無くしたくありません。

花の形は面白い


 

植物は葉にしても花にしても様々な形を持っています。

色も同じです。

そうした中から好みを探すのがとても面白い。

さらにそれらを組み合わせて植え込むのは

新しい世界を作っているようで心が満たされます。

今更にして


 

50代も半ばを過ぎて、今更ながらに「遠野物語」を読もうと。

一緒に白州正子さんの<祈り>に寄り添ってみようかと思い

「かそけきもの」も購入。

昔からあまのじゃくで、名作やヒット作をすぐに読まない癖があって

つい逃してしまうと、結局読んでいなかったと言う事も。

そろそろ、この癖直さないと。

向こうからの光


 

逆光に心が動きます。

まともな道は歩いてきてはいませんから

まっすぐな光には恥ずかしいものがあるのです。

“向こう”から照らされるモノの影には淀みができます。

その淀みには何かが潜んでいるような気がします。

とても興味が湧きます。
<<back|<151152153154155156157158>|next>>
pagetop