February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

今更ながらに愛おしい

今年もトウガラシの収穫が出来ました。

こうして毎年毎年季節季節で

同じ事を繰り返えす事が出来る幸せ。

今まで感じた事のなかった感覚。

若い頃、そんな事は進歩が無いようで

バカバカしかった。

今、思えばその若い感覚も愛おしい。

普段見ない姿も

普段では見ない”ひまわり”の後ろ姿。

しかも咲きかけで花びらは、まだ未熟。

でも、その姿は”ぷっくり”していて可愛い。

こういうのも面白いですね。

最後まで美しくが・・・いいかな

花にも、おばあちゃんもおじいちゃんも居ます。

この子はおばあちゃん。

この地の暑さと寒さでは

毎年、繰り返し咲くのは無理。

クシャクシャに枯れるまで待って種を取るのか

それとも最後まで綺麗な花を咲かせてあげて

終わりにしてあげるのが良いのか

他人にはどうでも良い問題で

ジジは悩むのです。

うわ〜

そっか、と思いましたよ。

TVでご老人の言葉を聞いた。

「30代で悩んでいた事は80代でも悩むよ」

参りました。深い言葉ですね。

ごめんなさい。

間もなく還暦だから・・・なんて

グダグダ言っている場合じぁありませんね。

まだ先が長い。

馴染む

もともと、人に馴染むのが苦手なジジ。

人の間に馴染む事も大切だけれど

馴染みすぎると駄目な事もあったりで。

でも庭はそれぞれの植物が

風景に馴染んでくれるのがベストと思っていて。

今年もこんにゃくを観賞用に育てていますよ。

写真では葉がわかりにくい程

周りに馴染みました。

潜り込みたい

小さくなって

影の奥に潜り込んで身体を丸めたい。

いくつになっても、そんな日はある訳で。

そんな気持ちはそれで甘んじて受け入れよう。

どうせ

飽きて出てきてしまうんでしょうけどね。

<<back|<152153154155156157158159160161>|next>>
pagetop