September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

見えるところに置いておきたい

無くて七癖あって四十八癖で。

どうも本を読む事に落ち着きが無くて。

1冊を集中して読み込むのが性に合わなくて

いつも何冊かの本を並行読み。

そして国語辞書は絶対のお供。

ちなみに本を立てるのは

セリアのタブレットスタンドが安くて便利。

さてさて

これから何時まで、どれだけ楽しめるのか。

 

入れ替えてみたので記録

新しい”塗り塗り遊び”が完成したので

また玄関の片隅に。

今回も心だけは込めたので題名を付けました。

題名は「Mois pour voir la tulipe」

……….(チューリップを見る月)

また、少しゴールドパウダーを使ったので

写真は目で見るのとは少し違う質感。

………………………ー入れ替え前はこちらー

安上がりな夢見心地

もうすぐ春だと思えるような今朝の陽だまり。

そんな事を感じたりするだけで

夢見心地にもなる安上がりな奴。

さっきフランス人の言葉を聞きました。

チョコレートを食べている時は

恋愛をしている時の気持ち。

・・・そんなもんでいいなぁ。

心だけは野山を駆けまわりたい

ドクターが唯一賛成してくれている運動は

ストレッチ。

知り合いのトレーナーさんは

ゆっくりとした音楽を聴きながら

心を穏やかにしてゆったりする事が効果的と。

でも、そんなのは健康な時の事だと

心で毒づいたりして、自分の心の狭さを実感。

・・・と思っていたのは少し前まで

やっと立春も過ぎて、花仕事が出来るのも

もう少しもう少しと色めき立っている最近。

大事にしておくこと

振り返った時の”たまたま”の一瞬。

色といい、太陽の光が差す具合といい

近くに転がっている変哲もない風景が

心を揺らしてくれる風景に見えて。

何故、そうした風景になったのか

物理的にも理解はできるのですが

そんな事はどうでも良い事です。

今のジジにとっては。

春色で季節を先取りしとこ

ちょこっと置いたら

目に入るだけで明るくなるかなと思って

去年の年末に買って冬ごもりをさせておいた鉢。

少しだけ暖かい日も出てきたので天気を見ながら

そろそろ慣らしてあげようかと。

・・・いつも次の季節は憧れです。

<<back|<155156157158159160161162163164>|next>>
pagetop