September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

強がりで行こう!!

ちょっとね、病状が予想通り進んでいて

すぐに次の段階に進む訳じゃないけれど

じわじわと攻めて来られるので

真綿で締められているような昨日からの今朝。

せめて気分だけは強がりで行こうぜ!!

と、文章に書いて憂さ晴らし。

混じってる

あ〜、歳をとったなぁ。と思う時が増えてきて

いろんな気持ちが混じってくる年代。

人に何と呼ばれようとも、どうでも良いとは

思っているんだけどさ。

でも、自分で”心持ち”を年寄り臭くするのは

死ぬまで嫌だと思っていたりする。

若い気持ちでいたいとも思っていないけれど

あまりにも萎えちゃうのは遠慮したいもんだぞ。

想像してみる

庭に軟式の野球ボールが落ちていた。

子供が遊んでいて飛び込んできたのか

公園でキャッチボールをした帰りで

落としてしまったのか。

いろんな事を想像してみた。

もう無くしてしまったのさえ覚えていないのか。

そろそろ二週間。

もう少し保管しておこうと思ったりしている。

普段、身近に無いモノだったり出来事があると

いろんな想像が出来て楽しいなぁ。

また置いてみた

当たり前だけれど咲いている花は

どんな時でも根から水を吸っているものが

美しい。

・・・けれど、天候によって緊急回避的に

切り取る事もあるんだけどね

茎からでも水を吸えそうな子は花瓶にさすけれど

難しそうな子は一番目につく玄関前に

数時間だけ置いてあげる。

最後の輝きを・・・と言う事なんだけど。

今、自分はどの辺にいるんだろうなぁ。

笑ってみる

と言うか、ジジィになったら

少〜しだけ微笑んでいられるように、と

いっつも思ってはいるんだけれどね。

ただ残念ながら母親似の仏頂面系。

(でも、その言葉、仏様のお顔の事って

・・・・話もあるから大事にはしたいんだけど)

だからこそなんだと思っているよ。

不機嫌ジジィほど、みっともなくて

見苦しいのは無いからね。

まだ世間様との付き合いはある訳だから

人様に不快な思いだけはさせないように

努力したいんだよなぁ。

かざしてみたり

はっきりしない薄曇りの空に

強い雨で折れてしまった花をかざしてみた。

流石にこんな天気だと写真映えがしないけど

なんか好きだな、と思える絵面になったよ。

どれもこれもと欲張らない事が

必要な年代に差し掛かってきているので

こんなのも好きになるんだろうか。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop