July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

タイムマシンに乗れるなら

もうさすがに若い頃に戻ってやり直し・・・

なんて事は面倒になっちゃっている訳だけど

ほんの少しだけ、たまに戻れるなら

・・・3ヶ月くらいでいいかな。

今年は早く咲きすぎて味わい尽くせなかった桜を

もう一度見てみたいと思うよ。

やり直しってのは良い事もあるけど

きっとそうじゃない事も、もう一度

・・・なんて事もあり得るかも、だからね。

見えないから想像で楽しむよ

今日は七夕だけど、ん〜、雲が多そうだね。

一昨年も去年も実家の笹を取ってきて

“ささのはさぁ〜らさらぁ”と

呑気に歌っていた・・・けどね。

さぁて、今日は雲の夜空を見て

牽牛と織女の逢瀬を想像しよう。

歳をとっても、こんな想像だけなら

バチは当たらないよね。

贅沢なもんだなぁ

雨が降り続いている地の方には申し訳ないけど

晴れていれば晴れているでグダグダ言うし

雨が降り出せば晴れがいいなぁ、と思ったり。

あ〜、木漏れ日が差す道を歩きたいなぁ。

心が晴れ晴れするんだよ。

なるべく長くそんな風景を歩き続けたい。

人から見れば取るに足らないものだけど

少しの贅沢。

まだ赤ちゃんでいい

ある意味で、とか

少しどこかほんとうに部分的でいいから

まだ赤ちゃんで良いと思うんだ。自分。

我儘で本能的なところは本当の赤ちゃんの

特権なのでそこは要らないんだけど

まっさらで受け入られる力をちょっとね。

ちょっとだけマインドコントロールで

いくら還暦近くだって言っても

まだまだグチャグチャした感情はある訳で

でも、もうそこに引きずられないように

マインドコントロール

・・・と、上手くいけば良いのではあるけれど。

出来れば心地良い感性で包まれたいし

そう言う選択で過ごしたい。

痛いのは、もう勘弁して貰っていいでしょう

・・・と、たまに思うよ。

突然に出逢ってハッとする

立派な山でなくて街の音が聴こえるような

裏山のような丘のような山でも

こういう花に出会ったりする訳で

こんな突然は嬉しい。

心が揺さぶられる感じがする。

こんな事があるから里山歩きはやめられない。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop