May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最後の勇姿です

そろそろパンジーとか

冬〜春の花は終わりの季節。

古いものは去年の初冬から咲き続けていたので

流石に疲れてしまったみたいです。

最後の勇姿を見せて貰ったら

潔く終わりにしてあげましょう。

ぐずぐずと汚くなってまで咲かせるのは

可愛そうです。

夏の花に場所を譲る時期なんでしょう。

我が人生そんなもの

人生なんて言うと大袈裟だけどね。

よくあるんだよな自分。

必要だと思って、取っておいたものが

必要な時に使えないって話。

このハーブオイルも、ちょっと使って

取っておいたはずなのに

久しぶりに取り出してみたら

何かの時に外した中キャップが

ちゃんと閉まっていなかったらしくて

流れ出て蒸発して空っぽ。

そういえば

入っている引き出しを開けるたびに

いい匂いがするな、と思っていたさ。

馬鹿だよね。

飛んでいかない

ほら、よく聞くはなし。

てんとう虫が手に止まったら

指を天に指すよう立てると

てんとう虫は指を登って行って

指先から空に飛んでいくって。

で、たまたま止まったのでやってみた。

・・・けれど、飛んで行かないで

隣の葉に止まってしまった。

どうも食事の最中だったらしく

何かもぐもぐしていたよ。

昆虫には昆虫の都合もありますよね。

あぁ勘違い

先月の末頃に

花の”つぼみ”が開くのを見るって楽しい、

なんて事を書いたけれど

てっきり真っ黄色な花と記憶していたのに

開いてみれば、こんな感じ。

当てにならない自分の記憶。

もともと誇れる記憶力で無い上に

脳の記憶領域も減っているのでしょうか。

ちなみには名前はガザニアで

やはり黄色の部分はピュアな色をしていて

綺麗です。

湿度が

そろそろ

梅雨なんて言葉が聞こえてくる季節です。

南の方ではすでに入梅した島もあって

だんだん、こっちにも来るんでしょう。

梅雨も必要で雨が足りなければ

大好きなお米だって上手く育たない。

でもやはり、困るんです。

気圧の変化が大きくなって血圧は高くなるし

皮膚は敏感になるし。女子っぽいです。

しかもジジィは同情されないので

余計に辛いです。

そ〜っと覗く

枯れた花は、そのままにしておくと

種が出来てしまって、それが多くなると

植物は子孫を残せたと思って枯れたり

花を終わりにしたりするので、枯れたものは

早めに、こまめに茎の下の方からカット。

ただ結構な確率で中のほうに隠れてしまうので

咲いている花をかき分けて見つけます。

そうすると、枯れた花もあるけど

これから咲く準備をしている蕾もあって

間違えて切らないようにします。

なにか人生を見ているような気分になる時が

ありますよ。

<<back|<1234567>|next>>
pagetop