September 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

安上がりです


 

確か100均で買ったアイテム。6年前くらいでしょうか。

気持よく"さび"が強く浮いてきました。

最近は新品を"それらしく"処理する薬品も入手しやすくなりましたが

やはり自然に任せるのが好きです。

時間が愛おしさを深めてくれると思います。

自然から感じること


 

人それぞれだと思いますが

「好きな」とか、「触発される」とか

そうした色の取り合わせがあると思います。

他人には言葉で説明はできないが、心に響くものです。

この取り合わせが秋の里山を歩いていて、心に引っかかりました。

言葉で説明できないもの


 

よくある茶色の紙袋がいいなぁと思います。安いやつです。

・・・と言っても多少の厚みがある方が好みでしょうか。

私はまったく"ロハスな生活"ではありませんし

シンプルに生きるのも苦手です。

でも何故か惹かれます。

このくしゃくしゃになった感じも。

DNAで人は説明されない


 

植物には関心します。

科学的な人間ではないので”DNA”と言われてしまうと

「そうですね」としか言えないのですが。

どうして、ここまで形も然り、色も然り

美しい法則性を持って、私達の想像を広げてくれるのでしょう。

そうした事柄を原始まで逆上って想像するもの楽しみの一つです。

歩いていく


 

山歩きが好きです。

と言っても、いわゆる里山を歩くんです。

人の気配が完全に消えきっていないれど、視界に人工物は少ない。

そんな風景が好きです。

そう、都会で無ければ日本には多くある普通の風景です。

そうした景色の中を写真を撮りながら歩きます。

画像として映り込むものに特別なものは無い。

だからこそ"想い"を込める事ができる。そんな事を思います。

ロンド



楽曲の形式に「ロンド」があります。

音楽にかかわらず、この感覚が好きです。

このCDは好きな画家さん「有元利夫」が作曲されたものです。

専門家の曲とは違いますが「好き」は理論を超えます。
<<back|<289290291292293294295>|next>>
pagetop