July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カメラを持っていなかったので代わりの写真で

赤色は降り注ぐ光が強すぎて

その色が鮮やかさを増し過ぎると

色があふれちゃう。と、感じるんだよなぁ。

自分でも面白いと思う感覚なんだけど

とてもクラクラするよ。

昨日、ウォーキングをしていて

畑の片隅にパッと現れた真っ赤なカンナの花を見て

そんな事を思っていたよ。

かわいい欲張りじいさんになりたい

“かわいい”は、かなり言い過ぎだと思うけれど

で、もちろん強欲にはなるつもりも無いけれど

そしてお金の事でも、もちろん無いけれどさ

心に引っかかったものを”見逃す事”だけは

しないでおきたいんだよなぁ。

そんで、形あるもの、無いもの

色々と取り揃えて

これからも生きる糧にしたいんだよなぁ。

殻を脱ぎ捨て過ぎない

若い人たちはね、殻を”脱ぎ捨てて”って瞬間が

とても大事だと思うんだけど

歳を取ると、”脱ぎ捨て過ぎない”事が大事だと

最近思うんだよなぁ。

いろんなものが緩んでくるのは仕方がないし

錆とか苔が心に張ってくるけどね。

でも、心でも身体でもどこでも良いから

少しだけで良いんで、一箇所だけでも

”しゅっと”しておきたいんだよなぁ。

心地よいリズム

今年始めてのマンデビラが開花しました。

この花弁の”むにゅ”とした感じが好きで。

これから毎朝、次々に開く花弁を見ては

見とれるのですよ。

風車のように数枚の花びらが

心地よいリズムを刻むのも好き。

空間を埋め尽くす小花が一番大好きだけれど

主張する花も、少しばかり有ると変化があって

いいと思うよ。

つまみ食い

とにかく興味の”つまみ食い”が子供の頃から

好きで、結局何も大成しなかったんだけどね

負け惜しみで言うけど

歳を取った今になってみるとワルクナイ。

<生きるための興味>ってフォルダーを

ネットのサーバに持っているんだけど

兎に角、気になったものは投げ込んでおくよ。

時間をおいてから覗いてみると

そこは森の中の迷宮宝物箱。

寄り道の多さに自分で呆れるけどね。

夢見るおジジ

水芭蕉の種を預かってきました。

もし、もし上手く育ったらボランティアで

育成をしている方に戻してあげたいと

思っています。里山の沢にもっともっと

水芭蕉が群生したら綺麗だろなぁ。

まだ、夢見る力だけは残しておきたいもんだよ。

<<back|<123456789>|next>>
pagetop