July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

不意を突かれる

このランタナって花はね、

綺麗な姿を見せていても

終わり際がわかりにくくてね。

そんな時には、触ったとたんに

“はらっと”散ってしまって”ふい”をつかれるんだ。

世の中には嬉しい”ふい”もあるけれど

悲しかったり、困ったりする”ふい”もあって

出来れば嬉しい”ふい”以外は

突かないで欲しいもんだよね。

それぞれで良いと思うんだけどね

たまにだけどね、

専門的な花の育て方を聞かれる事があるんだね。

でも、花の生産者さんじゃないから

好きな育て方をやっているだけだから

困っちゃうんだよね。

アカデミックな知識が無いからさ。

好き勝手な責任の無い楽しさが

アマチュアの楽しさだし醍醐味なんだけどなぁ。

成功ばかりが趣味の楽しさじゃないもん。

本の楽しみ

デジタルブックで出ている本は

そちらに”なびいて”しまうんだけどね

やはり、ハードカバーで読むのは楽しいよ。

ただし読んでいる最中に

カバーは気が散る感じがするだよねぇ。

人、それぞれだと思うけど。

それで、読み終わったらカバーを戻して

本棚に収めてニヤニヤするんだね。

いろんな楽しみ方があるよ。

フラワームーン

5月の満月はフラワームーンと呼ぶらしいよ。

月の周りに雲が花弁みたいに広がるから

そう言われているらしいけどね。

満月の今晩はどうなんだろ。

この季節の気圧降下と湿度に弱いJijiは

こんな事を楽しみに頑張るんだけどさ。

今年も収穫

やはり今年は天候がおかしくて

レッドカラントを、いつもより一週間早く収穫。

ただ、最近感じるんですよね。

“レッドカラント”と呼ぶよりも

“すぐり”と呼んだ方が

Jijiには合っているんだろうな、と。

味の甘酸っぱさに相まって

小さい頃「すっぱいすっぱい」と言いながら

裏山で味わった風景が蘇ってくるんだよ。

この歳になったのだから

もっと心のままでいいよね。

趣旨を忘れそうになる

結局、爺ちゃんサルビアを植えてみましたよ。

意外と賑やかな花壇を締める効果が出たような、

地味すぎたような、よく分からないねぇ。

でも、趣旨は爺ちゃんの供養だから

そんな事はどうでもいいか。

好きな事だと何をするにしても

趣旨を忘れそうになるのは悪いクセだなぁ。

<<back|<45678910111213>|next>>
pagetop