December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

復活か

もう歳なんだろうね。涙腺が緩いんだよ。

しかも”いかにも”泣けるものでなくて

たまたま見つけた何気ない風景とか

今まで見逃していた風景とか。

何に反応したのかも分からないことが数多く。

さすがにジジィなので

堪える方法は知っているから

人様にお目汚しはしないけれどね。

"泣き虫"と囃し立てられていた

子供の頃を思い出しているよ。

いつも一緒

年間を通して長く咲いている花も

いろんな景色を見せてくれてね

春先、ポカポカしてきた頃に

少しだけ雨の水滴が花や葉に留まっていて

そこに柔らかい日差しが差している風景には

物語を感じるし

秋に葉が深い色を見せてくれるのもいい。

冬に寒さに耐えて縮こまっているのも

いじらしくて可愛い。

真夏だけは辛そうだけど

手間をかけられるのは悪く無い。

結局、一年中仲良しって事だな。

日本の秋が目に染みる

昨日は秋らしい一日に少し北上してお墓参り。

お寺と紅葉と青空。

う〜む

これは日本の秋としか言いようもない。

ひねくれ者のJijiでも

まっすぐに、あ〜美しいと見とれていました。

ただただ、素直に目に入ってくる景色はいい。

連想してお腹が空く

ん?

ツルニチソウが”もさもさ”に茂ってしまったので

めくってみると真っ白な葉が目に入ったよ。

陽が入らないところにいると、こんな真っ白に

なるんだね。

ホワイトアスパラが食べたくなっちゃった。

グリーンアスパラなら生。

ホワイトはチープだけど缶詰にマヨネーズが

いいなぁ〜。

お調子者が季節を感じる

よくご近所からおすそ分けを貰う事が

多いんだけどね。

そんなに丁寧なご近所付き合いをしている

訳でもないんだけど

こりゃ、お調子者の血が幸いしているのか。

いずれにしても季節モノは嬉しいもので

あ〜、そろそろ晩秋なんだなぁ。とか

そろそろ・・・なんだとか。

そんなのは楽しい事だ。

じじぃの冒険

だんだん、”いつか”は遠くなっていくもので

何か縁を感じたら、できる事は動いてみるよ。

高校生の頃に過ごした”彼の地”の事を書いたら

書く事で余計に訪れてみたくなって

たまたまかもしれないけれど

大好きなブログ主さんが写真を載せてくれて

これはもう、”いつか”じゃイカンと思って

ついに来月訪れる事にしました。

さてその日のBlog記事は・・・

歳に似合わず感傷的になるのか

嫌な思い出を思い出して、になるのか

さてこれは少しばかり心の冒険だ。

<<back|<45678910111213>|next>>
pagetop