May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

密やかに

お参りに行った神社の裏手で

野生の”すみれ”を見つけたよ。

目立たなくて人が入らない場所だったので

きっと

毎年少しずつ種を落として広がったのでしょう。

良い風景だと思いましたよ。

ちゃんと季節は順番にやってくるんだなぁ。

痛いの痛いの

部屋の角に足の小指をぶつけました。

さてこういう時はどうしましょう。

角に八つ当たりする

じっと耐える

痛い痛いと大騒ぎをする

どれも効果的ではないねぇ。

だったらと、小声でそっと一言「痛い」

“小声”ってのがミソで、意外と息が抜けて

悪くない。

人は苦労をして生きていくもんだ。

はい、おやすみなさい。

お風呂から出てベットに潜り込んで

眠い目で今まで何回も読んだ

柔らかいコミックを読むのが結構な幸せ。

ドキドキも期待感も無い安心感に漂って5分。

起きているんだかウトウトしているんだか

はっきりしなくなって

5分間の幸せです。

忍びない

花が咲いてしまうと、

植えた植物でなくても抜けないんだよなぁ。

悪いクセなんだけど。

葉は流石に雨が降らなくて枯れかけているのに。

踏まれそうで困ったなぁ。

黄色の波

信じれば、どれが・・・と言うことも無い

のだと思うけれどね。

世界でも黄色が魔除けだという地域もあるし

赤がそうだ、と信じる地域もあるらしいね。

“それぞれ”が”それぞれ”で思えば

良いことなんだろねぇ。

近所のレンギョウが黄色い海に見えて

そんな事をちょっと思ったよ。

ゆっくりゆっくりと

“仕方がないね”とは思うんだけどね

今までバタバタと生きてきたから。

なので、

まだそのクセが少し吹っ切れていなくて。

たまにイケなくなります。

収穫が終わって、残っていた根から

もう一度伸びてきた小松菜の花に

もっと心を奪われるようになりたいなぁ。

<<back|<45678910111213>|next>>
pagetop